ダイエットで2ヶ月で15キロ痩せることが出来るか様々な方法で推論しましょう。

脂肪燃焼に効果的な栄養素とは?

神経の働きも補助するビタミンB1

ビタミンB1は脳や神経の働きをサポートする働きを持つ栄養素になりますが、ダイエット効果としては糖質の流れをスムーズにする効果があります。糖質自体の代謝が促進されれば体に蓄積されにくくなり、効率よくダイエットが出来ます。

脂肪燃焼と成長促進を促すビタミンB2

ビタミンB1と同じ糖質の代謝のサポートが行える栄養素ですが、その他にも脂肪燃焼と体の老化を防止する働きも持ち合わせています。また、肌荒れなどや口内炎といったものにも効果のある栄養素となっています。

脂肪とタンパク質の代謝にはナイアシン

ナイアシンは糖質の促進のみでなく、脂質やタンパク質の促進も行える補酵素になります。ナイアシンは血の巡りを良くする効果もあるため、運動やストレッチでダイエットを行なう方にはうってつけと言える栄養素です。

筋肉量を増やし燃焼効果を上げるグルタミン

ダイエットの効率を上げる為には筋肉が必要になります。グルタミンはプロテインよりも低カロリーなため、男性のダイエットではグルタミンを摂取しながらトレーニングすることで男らしい身体つきになれるでしょう。

空腹時の脂肪燃焼には大豆ペプチド

大豆ペプチドは空腹時に摂取して運動をすることで蓄積された脂肪の燃焼を最大限に活かすことが出来ます。大豆ペプチドを含むサプリや飲料も多く出回っているので、これらと併用して運動を行ないましょう。

ダイエットを効果的に進める重要なポイント

ダイエット運動の知識

ダイエットを行なうための運動基礎知識

健康的にダイエットを行なう為には体を動かすことが一番です。いきなり激しい運動は関節や筋肉に負担を掛けてしまうので、運動を行なう前にきちんとした基礎知識を身につけてから行なうといいですよ。

READ MORE
ダイエットとエネルギーの関係

エクササイズの方法とカロリー消費の計算

ダイエットはただ闇雲に運動を行えばいいというものではありません。運動した分の消費カロリーと自分が摂取したカロリーの計算を行なってバランスを取らなくてはいけないのです。これだけ聞けば難しいと感じますが安心してください。

READ MORE
エクササイズの注意点

ダイエットの運動で注意するべきこと

運動していれば当然体に疲労が溜まります。この疲労を溜めたまま運動を続けるのは危険なことです。そのためダイエットを効果的に行なうためにも、緩急をつけるて行なうようにしなくてなりません。

READ MORE
酸素はダイエットの味方

運動と酸素の関係性を知っておく

ダイエット後、自分がどうなりたいかを考えて運動することが重要です。ただ脂肪を落としたい、という目標よりも細いくびれや美しいボディラインを目指すといった目標があったほうが成功しやすくなります。

READ MORE
部分痩せに効果的な運動

どの部分を痩せさせたいかを考える

体のバランスは個人個人で違います。体重を落とすことをダイエットということもありますが、気になる部分の脂肪を無くすのもダイエットです。どの部分の脂肪を落とすのかをしっかりと決めておく必要があります。

READ MORE

ダイエットのお悩み相談室

顔や首元に脂肪がつきやすいんだケド、これって体質なの?

顔や首元に集中して脂肪がついていくことは基本的にありません。体の一部分のみに脂肪がついていると思っている方々の中には老廃物が溜まってむくんでいる方もいらっしゃるので、代謝を促すマッサージを行なってみてはいかがでしょうか。

お腹が出てる!と妻に言われたが何から始めたらいいのか。

お腹周りの脂肪は生活習慣に問題がある場合が多いです。特にビール腹と呼ばれるお腹周りの脂肪はアルコールと脂肪分の多い食べ物のセットが原因となります。まずは食生活や生活習慣の見直しから始めましょう。

ご飯を食べなければダイエットてカンタンに出来る?

確かにご飯を食べなければ体に蓄積された栄養を使っていくためダイエットは出来ます。しかしこれはダイエットと呼ぶには程遠く、栄養失調による問題を引き起こしてしまう危険があるので、カロリー計算を行ないながら栄養を摂りましょう。

体重は減ったけど見た目の変化がない。どうしよう。

脂肪には体の内側につくものと外側につくものがあります。見た目の改善を行いたいのであれば、気になる部分に多少の筋肉をつけることが効果的です。筋肉は脂肪に蓄積された栄養を糧として働くため、部分やせと呼ばれるものにはいいですよ。

ダイエット三日坊主です。どうしたらいいですか?

ダイエットは継続することで効果を発揮します。極端なダイエットではなく、簡単な食事制限から習慣づけしてみるのはどうでしょうか。些細なものでも継続、習慣になっていけば自然とダイエットに繋がっているでしょう。

<PR>
新宿の専門ジムでダイエットを始めよう
多くの人が大幅減量に成功した、その実績を体感しよう。

【PR】
東京でパーソナルトレーニングジムを探している人必見!
さまざまなコースを提供中。

2ヶ月で15キロ痩せるためのダイエット法

大勢が行っているウォーキングダイエット

傍から見るとただ歩いているようにしか見えませんがウォーキングダイエットは、呼吸に合わせて運動を行なっているため有酸素運動となり脂肪燃焼に効果的です。日常生活にウォーキングを利用するとさらに効果的です。

リラックスしながらストレッチダイエット

普段からストレッチは行われますが、しっかりと時間を取ってストレッチはなかなか行なわないでしょう。ストレッチには筋肉をほぐし血行を良くする働きがあり、血の巡りが良くなると脂肪分解も促進されるのです。

ウォーキングよりも快適な自転車ダイエット

ウォーキングダイエット同様、自転車ダイエットは有酸素運動になります。通勤、通学、買い物など様々な場所に行く際に使われる自転車もしっかりとペダルを漕ぎ、運転することでダイエットになります。

カロリー消費がNo.1の水泳ダイエット

水泳は全身の筋肉を均等に使って行われるため、運動量も桁違いです。平泳ぎを一時間行えば600キロカロリー程の消費でクロールでは1100カロリーも消費することができるのでダイエット用の運動とも言えます。

ダイエット比較!インドアVSアウトドア

室内で過ごすのが好きなインドア派、それに対して外の空気を感じることが好きなアウトドア派。ダイエットの効果が出やすいのは、インドア派です。普段あまり動かないインドア派のほうがエネルギーをたくさん消費するのです。