有酸素運動と無酸素運動の効果の違いを知っておこう。

有酸素運動と無酸素運動の割合について

有酸素運動を行なった後にダンベルを使った無酸素運動を行えば、基礎代謝量を上げることができ、ダイエットの効果の最大値を上げることができます。有酸素運動と無酸素運動をバランスよく行なうといいですね。

酸素はダイエットの味方

酸素が人間にもたらす効果とは

酸素は人間が生きていくためには必要なものです。この酸素を使った運動がもたらす効果としては心肺機能の向上、骨の強化、脳の活性化、動脈硬化の予防になります。また体脂肪の燃焼のサポートも行います。

有酸素運動とはどういった仕組みか

酸素を多く使った運動では血中の脂肪と酸素が結びつき易くなり、脂肪燃焼に効果を発揮していきます。しかし、運動後20分までは血中の脂肪を使用していくので、皮下脂肪を落としたいのであれば1時間単位で行なう必要があります。

激しい運動をしなくても問題ない

有酸素運動は行っている時間によって効果が出るため、激しい運動をしなくても問題ないです。時間をかけてじっくりと行なうことができるので、万人向けのダイエット運動が多いと言えるでしょう。

無酸素運動と有酸素運動の違い

有酸素運動は長い時間をかけて行なうことでダイエットの効果があります。特に皮下脂肪などの見た目を改善させる効果として高いのですが、無酸素運動に関しては脂肪燃焼よりも筋肉をつける効果が高いとされています。